FAQ

よくある質問

こちらでは、皆さまからよくいただくお問い合わせ内容を掲載しています。
これらを参照しても疑問が解決しない場合は、歯科医院へ直接お問い合わせください

歯石がひどくついている場合は、先にクリーニングした方がホワイトニングの効果がより高くなりますか?

通常、歯石は舌側についていますのでホワイトニングには関係しません。また、多少の歯石であれば、ホワイトニングによって歯石の着色物質も分解するため、もろくなって取り除きやすくなります。唇側にホワイトニング効果に影響するような歯石が付いている場合は、まず、クリーニングを行ってからホワイトニングをしてください。一般的にこのように歯の状態が悪い方はホワイトニング以前に、クリーニングの指導をしてください。

補綴のある歯牙にホワイトニング材を塗っても大丈夫ですか?

大丈夫です。補綴物自体はホワイトニングできませんが、表面の汚れを分解することは可能です。

コンポジットレジン(CR)はダムでカバーする必要はありますか?

必要はありません。しかし、古いCRは接着に問題があります。2次カリエスの原因になるような隙間ができている可能性があり、そこにホワイトニング材が侵入し、痛みの原因になります。CRのマージン部をダムでカバーしてください。

歯肉の保護はどの程度しておけばいいのでしょうか?

マージン部から約3ミリほど歯肉をカバーしてください。ホワイトニング材は歯肉保護材を通して浸透しませんので、あまり厚くする必要はありません。厚くすることにより、ダムの硬化時に熱が蓄積し、歯肉に「低温やけど」の症状が起こる場合があります。*OSMOジェルを使用する場合、歯肉保護材は不要です。

初回の場合、1回目と2回目で1週間空けますが、それはなぜですか?

厳密に「1週間」空ける必要はありません。ホワイトニング直後は食事のコントロールが必要です。食事のコントロールがたびたび続くとホワイトニング事態に対する拒否反応が出ますので、「約1週間」空けていただくのがいいでしょう。もし、時間がなければ、中1日を空ければ継続して行っていただくことも可能です。

なぜ初回は2回以上行なうのですか?

1回のホワイトニングではエナメル質の表面の碧色を除去するだけですので、表面上、白く見えてもその後の食事などですぐに色がつきます(再着色)。複数回のホワイトニングで、エナメル質の奥の着色を除去しますので、より白くなり長持ちします。初めてのホワイトニングの場合は、2回以上のホワイトニングをお勧めください。

1回で白くなりますか?

はい。必ず色の変化は確認できます。しかし1回で改善される程度は、歯の状態や着色度合によって個人差があります。

神経を取って、黒くなっている歯はホワイトニングできますか?

「無髄歯」もホワイトニング可能です。しかし、有髄歯と同じようには白くなりません。方法については、参考資料③無髄歯のホワイトニング法」をご参照ください。

矯正治療中の方はホワイトニングできますか?

通常のラビアル装置(前面に矯正装置が付いている)の場合はホワイトニングできません。矯正治療後に行ってください。矯正装置を外した直後は、エナメル質の表面が損傷していますので、痛みが出やすい状態です。一定期間を空けて行うことをお勧めします。「舌側から装置を装着(リンガル装置)する矯正」「マウスピースを使う矯正」は矯正治療中でもホワイトニング可能です。

詰め物は白くなりますか?

人工物はホワイトニングできません。しかし、表面の汚れは分解してくれます。